Loading

Blog

マウスピース矯正の難しいところ

矯正の話題が続きます。
うちの医院でやっているマウスピース矯正。実は矯正の知識のないドクターでもある程度行うことができます。
歯型や口元の写真送ると業者が治療プランを立ててくれます。後は送られてきたマウスピースを1週間で交換していく。知らない間に歯並びが綺麗に、、、、
と世の中そんなに甘くありません。スケジュール通りに行くことなんでまずありません。リカバリーの連続です。
とくに抜歯を伴う症例は難しいです。

写真の下の奥歯ですが、後ろから2番目3番目の歯が前方に傾き出しています。抜歯症例で犬歯の一つ奥を抜いた後、そのスペースに前歯を引っ張って寄せている最中に後の歯も引っ張られて傾いてきました。
実はマウスピース矯正ではよく起きます。そんな時、本山デンタルオフィスでは、矯正専門医でもあまり知らないマニューバーという米粒程の小さな特殊な白い装置を歯に貼り付け、そこに細いワイヤーを二重に通し、さらにゴムをかけて引っ張りあげてリカバリーしていきます。
想定済みの現象ですが、このようにマウスピース矯正はワイヤー矯正ではあまり起こらないことが起き、その都度小さなリカバリーをしていきます。マウスピース矯正の難しいところです。

症例検討会

入れ歯の噛み合わせを決めていく

PAGE TOP