Loading

Blog

マウスピース矯正 リカバリ


インビザライン(マウスピース矯正)ですが、計画通りに動かないことがあります。
そんなときには色々なリカバリテクニックが必要になってきます。
写真は左下の犬歯が予定通りの位置に動いてこないため、根元に特殊な接着剤で透明のボタンをつけ、そこにゴムをV字に引っ掛け、ゴムの力で予定通りの場所に動かしているところです。

マウスピース矯正を始めたころは、歯が予定通りに動かないと結構あせることも多かったです(今でも?)。
マウスピース矯正を始めてから2年ですが、まだまだ勉強することが沢山あります。

祝! 5周年

医療施設用大型空気清浄装置導入

PAGE TOP