Loading

Blog

入れ歯が痛い


写真は小さく削られてしまった下顎の義歯

入れ歯を使用されている方の最大の悩みは痛みです。
とくに下あごの入れ歯です。
なぜ、下の入れ歯が痛くなるか?原因の多くは面積の小ささにあります。
歯茎に対して単位面積当たりにかかる力が大きくなるからです。
毎回痛いと言っては歯医者で削られて、その時は一瞬楽になったような気がするのですが、
食事をすると前より痛い。さらに削られて小さい入れ歯になればなるほど益々歯茎に強く力が加わり痛くなっていきます。
そして、削られて薄くなってとがった縁が歯茎に食い込んだり擦れて更に痛くなっていきます。
こうなれば担当医との雰囲気も悪くなってくる。
時に患者さんは古い入れ歯を持ち出し、この入れ歯は大きいと言って更に小さくすることを求め、
最後には収まるところがわからない入れ歯になってしまう。場合によっては削りすぎて強度が無くなり割れてしまう事さえあります。
最後の手段とばかりに柔らかい材質を裏に貼り付けられとても不潔な入れ歯に。
歯医者を変えてもまた同じことの繰り返しで、使えない入れ歯の数だけが増えていく。

入れ歯には面積を大きく取らなければいけないところ、厚みを確保しなければいけないところ。
そして、その逆の部分もあります。入れ歯専門家でないとその辺りは難しいかもしれません。

入れ歯で悩んでいる方は一度当院へご相談ください。解決できるかもしれません。

オゾン脱臭

メンテを怠らない

PAGE TOP