Loading

Blog

最新機器が揃っている


一昨日夜遅く大学の先輩歯科医が、息子さんのCTを撮影しにきていただきました。下の親知らずの近くにはとても太い神経と血管があるので、位置関係を把握する事はとても大切です。通常の2次元のレントゲンですと、奥行きが分からず、抜歯時に神経や血管を刺激したり傷つけたりするリスクが高まります。
先輩歯科医は撮影後良く分かると言って感心していただきました。
歯科用CTは少しずつ普及が進んできていますが、普及率はまだまだです。親知らずの診断以外、歯が原因で起こる上顎洞炎、なかなか治らない根の先の炎症、歯の破折など、従来型のレントゲンではわかりにくかった診断に有効です。ご興味のある方がいらっしゃいましたら一度ご来院ください。親知らず、上顎洞炎、複雑な根など一部の症状に保険が適応されます。

東京へ

時にはこんな工夫もしています。

PAGE TOP