Loading

Blog

抜歯は苦手

当院は20才代から30才代の比較的若い方にも多く来院していただいています。この年代でよくトラブルを起こすのが埋伏智歯、いわゆる親知らずです。治療法はまず抗生物質の服用、洗浄、スケーリング(掃除)、ブラッシング指導、歯肉弁切除です。これでほとんどの症状を取ることができます。
問題はその次です。トラブルを起こした親知らずは通常、急性症状が落ち着いた後、抜歯するのが原則です。このところ、このような患者様が急増しています。
私院長は、はっきり言って親知らずは抜くことができません。と言いますか普通の抜歯も苦手です。
ということで、現在、大学病院あるいは総合病院に依頼するか、口腔外科医に来てもらうか段取りをしているところです。口腔外科医は驚くほど腕のいい人物に来てもらうことができます。ただ、抜歯の患者様全員に同じ日に来院していだだくというのも、みなさんの予定もあるので難しく、悩んでいる最中です。また、体制が決まりましたら随時お伝えしていきます。

新年もはや2週目

良い歯医者の見分け方

PAGE TOP