本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ

カルテ棚増設

院長 2018年03月15日 カテゴリー: 院長の独り言


予想より多くの患者様に来院していただいています。カルテ棚がいっぱいになってしまったので、掃除道具入れを潰しカルテ棚に改造しました。、お金がかかります。

神経を残そうと、、、、

院長 2018年02月18日 カテゴリー: 院長の独り言

歯の神経を安易に抜かない方が良いです。
割れたり、根の先に膿が溜まったりその後のトラブルが起きる確率が何10倍も跳ね上がります。

ただ、残した結果、トラブルになることもあります。
先週、激痛でお見えになった患者様。痛すぎて上か下か、奥か前かもわからない。歯痛錯誤という状態です。こうなると非常に原因歯の特定が難しいです。とりあえず強力な鎮痛剤を処方してお帰りいただいたのですが、翌日も痛みが全く治らない。さらに翌日ようやく原因の歯を特定、神経を抜いて一件落着しました。
しかし、この歯、つい最近私が治療した歯です。深い虫歯にも関わらず症状が落ち着いたので、神経を抜かずに治療を行った結果がこうなってしまったのです。
歯の治療の難しさを再認識させられました。
ごめんなさい。

院長のデザインスタンプ

院長 2018年02月5日 カテゴリー: 院長の独り言


スタンプ作家hanagoya さんが院長の似顔絵をスタンプにしてくれました。激似
受付に飾っています。貴方もお一ついかがでしょうか?

デザインスタンプ常設展示

院長 2018年01月24日 カテゴリー: 院長の独り言


デザインスタンプ作家「hanagoya 」の常設展示が始まりました。販売もやっています。歯医者にご用のない方も是非一度ご覧ください。素晴らしい作品が並びます。

お友達自慢

院長 2018年01月14日 カテゴリー: 院長の独り言

お友達の1人に「hanagoya」というデザインスタンプ作家がいます。

この作家の作品は、他のスタンプ作家とは一線を画しています。

彼女の歩んで来た人生。
結婚、出産、鬱病、子供との別れ、離婚。

「壮絶」

それでも決して腐らず、これまでの経験を心の糧に変え、今を懸命に生きています。

そんな彼女の作品には、自身が歩んで来た人生が、深くそして繊細に刻み込まれています。ただし、それは、決して押し付けがましいものではなく「優しさ」そのもののように私は感じています。

「素敵」「綺麗」「可愛い」「細かい」などの評価とは、別次元。

作品はオーダーメイドを基本としています。クライアントからしっかりと聞き取りをし、それをスタンプに表現してくれます。もし悩み事があれば、彼女の深い人生経験を元に、相談に乗ってくれます。院長は、子育てで悩んでいるお母さんなんかに、とてもいいんじゃないかと思います。老若男女に関わらず恋愛相談もありだと思います。実は院長も制作を依頼する予定です。

 フェイスブック、インスタグラム、creema などで「hanagoya 」で検索するとコンタクトできると思います。
本山デンタルオフィス内でも、近いうちに紹介させていただこうかなと思っています。

院長のお友達です。ご興味があれば、院長に直接お問い合わせいただいても結構です。作家と直接コンタクトを取らせていただきます。

TOPへ