本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ(カテゴリー別)

歯の神経を簡単に抜かれ無いように

院長 2017年02月6日 カテゴリー: 根管治療

被せ物やブリッジにする時、直ぐに歯の神経を抜く歯医者がいます。神経を抜くことは確実にその歯の寿命を短くします。

どうしても神経を抜かなければいけないのは、ズキズキするといった急性症状のある時、あるいは痛みが無くても明らかに深い虫歯がある時です。

何故大した虫歯もないのに直ぐ歯の神経を抜く先生がいるのか?それは、被せた後で痛みを訴えられると、装着した被せ物やブリッジをまた外さなくてはいけないし、そうなると患者様からの信頼も無くなる可能性があるからです。

ただ、痛く無いのに神経を抜かなければいけない時も少しはあります。歯の方向を直したり、歯並びを揃えたりするときなどです。

もし、歯医者が貴方の痛くも無い歯の神経を抜くと言った場合、必ずしっかりと説明を受けてください。そして、抜かずにできないか、相談してみてください。何度も言いますが、神経を抜く治療は確実にその歯の寿命を縮めます。

「但しズキズキ痛いといった、急性症状のある時は素直に神経の治療を受けてください。」

またまた新しい機材を購入

院長 2017年01月17日 カテゴリー: 根管治療


最近、神経の治療に力を入れています。この前もお話ししましたが、保険の報酬範囲内できっちとした神経の治療をしようとすると、確実に歯科医院の経営を圧迫します。かといって適当な治療もしたくないし、、、
ということで、いろいろ根管治療(神経の治療)の道具や材料を買いあさり、何とか短い時間でよい治療ができないか模索中です。
上の写真のマチ針の様な道具(神経の管を掃除する道具でファイル)は最新の熱処理が施して、柔軟で折れにくいのが特徴です。現時点で、世の中にあるファイルの中で最も性能の良い器具です。使用時の動きが変わっていて、ぐるぐる回すのではなく、反復回転運動をさせて使うので、さらに根管内で安定して拡大(削る)ことができます。普通のニッケルチタンファイルのほぼ倍の金額がします。

このファイルを反復回転運動で使うには、上の写真の専用のモーターが必要です。こいつがさらにお高いです。何回も言いますが、高い機械を使ったからといって、保険医は高い金額を患者様から請求できる訳ではありません。診療報酬は全く同じです。
こんな設備投資ばかりして大丈夫でしょうか?前にも話をしましたが、院長は機械ものやコンピュータの類が大好きです。根管治療用モーターはこれで4台目です。患者様のためというと、とても聞こえが良いのですが、完全に趣味の世界にはまっています。昨日はこの機械を買ったのがうれしくて、枕元に置いて一夜を過ごしました。病気です

意外と努力家なのだ

院長 2016年12月22日 カテゴリー: 根管治療


診療が終わった夜中の診療室。夜な夜な新しい根管治療「神経の治療」の道具を使って練習しています。抜去歯を使いあれこれ悩みながら特訓しています。

この歳になると守りの診療になるのが普通ですが、まだまだ攻めています。保険診療の限られた時間でなんとか満足のいく根管治療を行う事を目指しています。

海外の根管治療

院長 2016年12月17日 カテゴリー: 根管治療

前にもお話をしましたが、当院には沢山の外国人の患者様にも来院していただいています。

初診の患者様には原則パノラマレントゲン写真を撮影しています。いつも驚かされるのは、レントゲン写真に写る欧米人が受けた根管治療「神経の治療」のレベルが物凄く高いことです。

丁寧がコンセプトの当院ですが、それでも足元にも及ばないレベルの高さです。医療先進国日本なのに情けない話です。

よく言われることですが、原因は根管治療に対する国民皆保険の点数の低さです。

じっくり時間をかけ、完璧な根管治療が出来る国は本当に羨ましいです。

ファイルの破折

院長 2016年12月16日 カテゴリー: 根管治療


神経の治療の時、グリグリやる針のようなドリル。

芸能人の顔が腫れて、レントゲンを撮ると、この針が歯の中で折れていたのが原因だったそうです。

この針、折った事のない歯科医師は多分いないでしょう。実は私もこれまで3回ほど折ったことがあります。根っこの先っぽで折れればまず取ることは出来ません。この器具、一回ずつ使い捨てにすれば、かなり破折を防止できるのですが、かなりお高く日本の保険診療ではとてもじゃないけど、そんなことは出来ません。

そこで、当院ではチョットした工夫をしています。写真に写っている半透明のギザギザしている小さな部品を取り付け、一回使い滅菌するごとに三角の部分をちぎっていきます。8回使ったら廃棄するようにしています。多分8回使用でも赤字だと思いますが、、、

因みに欧米ではこのファイルは使い捨てです。羨ましいです。日本の根管治療「神経の治療」は診療報酬が少な過ぎです。日本の皆保険制度は優れていると言われていますが、私たち歯科医からすれば???です。決して贅沢は言いませんが、せめて労力に見合う報酬にしないと、日本人の歯は中々残せません。

TOPへ