本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ(カテゴリー別)

もっと早く作れないの?

院長 2017年09月2日 カテゴリー: 入れ歯

当院で入れ歯を作るとき、患者様には、おおよその日数と回数を提示しています。その時「もっと早く作れないのか」とよく言われます。私は、はっきりと無理だということにしています。良い入れ歯を作るには回数と時間がかかります。「前の歯医者では1週間で出来上がったのに」と文句を言われることもよく有ります。良い入れ歯は、しっかりとした工程を踏んで出来上がるのです。例えば型を1回で作るのと3回で作るのはどうでしょう?3回とった方が良い入れ歯が出来上がるのはどなたでも想像できると思います。当院で入れ歯を希望される方は、どうぞゆっくりといたペースで通って下さい。満足する入れ歯をお作りします。

儲けだけ考えると2回くらいで入れた方が良いのは分かっています。

ここまでやっているのだ入れ歯作り

院長 2017年08月31日 カテゴリー: 入れ歯


総入れ歯作りの仕上げに行なっている咬座印象という型取り方法です。噛んだ状態で型を取るので、実際の使用時の当たり方に近い型が取れます。つまり、完成した入れ歯に痛みが出にくく、安定した物が出来上がります。決して特別な方法でなく、歯医者なら誰でも知ってる、でも一部の歯医者しかやらない、型取り方法です。当院では総入れ歯の型取りを合計3回も行います。当院の入れ歯作りが、時間と回数がかかるのは、こんなことをやっているからです。手をかければかけるほど、良いものができます。一方、手をかければかけるほど、儲かりませんけど。

100年以上前のテクニック

院長 2017年08月17日 カテゴリー: 入れ歯


この装置はゴシックアーチトレーサーというものです。歯科医なら誰でも知っています。でも使った事ある歯医者は殆どいないと思います。多くの技工物を取り扱う大手の技工所ですら価格設定すらなかったりします。
100年以上前、スイスの歯科医師アルフレッド ギージーが開発した方法で、主に総入れ歯を作るときに噛み合わせの中心を決めたり、顎の動きを調べたりするときに使います。
最新の機械で治療を行っている本山デンタルオフィスですが、実は100年以上前のテクニックも普通に使います。総入れ歯に関しては100パーセントこのゴシックアーチを使います。この方法を使うのは、入れ歯専門家でそれも一部です。総入れ歯をセットするとき当院では殆ど噛み合わせの調整をしなくても良い状態で出来上がっています。これもギージー先生が、開発したゴシックアーチのおかげです。

いくら何でもボッタクリ

院長 2017年08月9日 カテゴリー: 入れ歯

ある患者様が、遠くから当院のホームページを見て、自費の入れ歯の相談に来院されました。地元で有名な歯医者で入れ歯を見積もったら、300万円と言われたそうです。えっ!実際の見積り書を見せていただいたら、やはり300万円オーバーです。どれほどの技術をお持ちの先生か分かりませんが、いくら何でもボッタクリ価格です。うちで見積りを出したら18万円です。それでも高すぎないか色々悩み抜いた数字です。自費診療は言い値です。患者様が納得すれば交渉成立です。しかし、世間の相場からかけ離れた見積りを提示する歯医者は、如何なものかと考えさられる出来事でした。

今日はお勉強

院長 2017年07月2日 カテゴリー: 入れ歯


今日は横浜までお勉強に来ています。久しぶりの学会ですが、たまにはいいもんです。ここ数年で歯科界でもデジタル化の流れが凄まじく起きています。その流れが分かっただけでも収穫です。型取りも写真を撮って行う時代に。入れ歯も写真を撮ってコンピュータで削り出して作る時代になりつつあります。業者展示を見ていると、欲しいものがいっぱいです。

TOPへ