本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ(カテゴリー別)

サイバー デンティストか?

院長 2019年01月27日 カテゴリー: インビザライン

新しい型取り装置を導入したところで、当院ホームページも少しずつ更新しています。
こちらにマウスピースを使ったインビザライン矯正のページを追加しました。動画も埋め込んでみました。
前にもお話ししましたが、当院のホームページは院長の手作りです。若い時からコンピュータ関係にはめっぽう強く、更新も業者さんを介さずに全部自分でやっています。

マウスピース矯正

院長 2018年12月28日 カテゴリー: インビザライン


当院でこっそりと行っているマウスピース矯正。
インビザラインというシステムであらかじめコンピュータ上で設計、
シミュレートしてから行っていきます。
患者様にも前もって結果をお見せすることができます。
ビデオは実際に当院で矯正している患者様の設計、シミュレートです。
上の左右の犬歯隙間を治しています。
おおよそですが上下の歯列矯正ですと70万円(税別)です。

iTero®︎Element導入

院長 2018年12月22日 カテゴリー: インビザライン

口腔内スキャナー iTero Elementを導入しました。
この装置を用いると、いままでピンクの粘土で行っていた型取りの代わりに写真を撮るようにして、被せ物や矯正用のマウスピースの型取りを行うことが出来ます。
また、これまでの型取り材料を使った方法と比較して、スピーディーかつ快適に精密な型取りをすることができます。
さらに、当院で行っているインビザラインというマウスピース矯正装置の作成にも対応してます。
当院導入の機器はどれも最新のものが多いですが、中でもこの機械は最も最新鋭です。未来を感じさせる機械です。
ただし、全部がこの機械で賄えるわけでは無く、対応範囲は限られます。しばらく慣れるまで試験運転を行います。本格運用は来年2019年2月ごろを予定しています。

矯正

院長 2018年12月8日 カテゴリー: インビザライン

当院は矯正歯科の標榜はしていませんが、実はこっそり歯並び矯正をやっています。「こっそり」というのは、院長は矯正の専門家でない上、専門の入れ歯作りで精一杯で沢山の患者様を見る事が出来ないからです。従来のワイヤーを使った方法、そして、一年前からは、流行りのインビザラインというマウスピースを使った矯正も行なっています。

インビザライン矯正はとても優れていて、コンピュータを使って予めシュミレーションし、それに沿って治療を進めていきます。マウスピースは自分で取り外すことができる上、とても目立ちにくく審美性に優れます。一方、1日20時間以上マウスピースをはめる必要がありまた、抜歯が必要で、大きく歯を動かす矯正は苦手です。
インビザライン 矯正の価格は70万円からになります。
ご興味のある方は一度ご相談ください。

TOPへ