ここ数日ワイドショーは芸能人の舌ガンの話題て持ちきりです。
当院でも口腔内のできものについての相談や組織検査が増えています。ネット上では舌ガンについて色々な情報がはびこっていますが、自己判断ぜずに心配なら歯科医院で検診を受けてください。幸い口腔ガンは他の全身ガンと比較して外から見えるところから発生するタイプが多く、異変は比較的見つけやすいです。一方リンパ節などに転移するスピードはかなり早いです。1週間以上治らない口内炎、治療しても悪化していく歯茎の腫れ、白斑所見があれば要注意です。
検診を受ける時のコツですが、必ず患者様の方から口腔ガンの検診を受けたいと言って下さい。実は歯科医は検診で舌の裏側までしっかり見る習慣がありません。私もそうです。

口腔ガンの危険因子は様々です。
1.遺伝子的な要因
2.生活習慣的要因: タバコ、アルコール
3.口腔内環境: 歯並び、虫歯や歯ぎしりなどによる歯の鋭縁、不適合な入れ歯や冠,口腔内不衛生、ヒトパピローマウィルス。

口腔ガンも他のガンと同じく早期発見が大切です。口腔ガンの進行は非常に早いです。気になる方は今すぐにでも歯科医院で見てもらって下さい。

当院でも表面の細胞だけを採取して組織を検査することが出来ます。麻酔も必要なく粘膜の表面を綿棒で擦ってだけです。痛くもかゆくもない検査です。検出力は100パーセントではありませんが、スクリーニングになります。気になる方はご相談ください。