本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ(アーカイブ別)

こりゃ使えるわ!

院長 2017年10月28日 


根っこの先っぽに膿が溜まっています。膿を出すには、また土台の除去です。前回もお話ししましたが、歯医者がやりたくない処置のベスト3です。

こんな時のために写真上段の新兵器です。爪を引っかけ動作させると工事現場の機械のような感じでドドドドと連続して引っ張ってくれます。写真下の釘の様な金属が3秒で取れました。画期的!
因みに日本では発売していなく個人輸入しました。とは言っても国内のネット通販とほとんど変わりません。同業者様一台いかがですか?良い仕事しそうですよ。

一言

院長 2017年10月16日 

冬山事故の記事
尊い若い命が沢山亡くなった悲惨な事故でしたね。ご冥福をお祈りいたします。
山登りやスキーインストラクターをしてきた者から一言。里山でもスキー場でも北アルプスでも山は自己責任です。冬山は尚更です。冬山に入る以上それなりの覚悟が必要です。再発防止なんて馬鹿なことを言ってますが、自然はそんなに甘くありません。そこは遊園地ではありません。親もその辺の認識が欠けています。子供に許可した以上、覚悟が必要な世界です。チョモランマで遭難しても、誰も責任の所在は?なんて言わないと思います。スキー場だって過去沢山の事故が起こっています。立派な冬山でも危険性は同じです。オフピステの場合は更に何十倍もの危険性が伴います。死ぬが怖いなら入山してはいけません。責任は自分。未成年の場合は保護者です。先生やガイドではありません。山はそういうルールのところです。

過去にスキー場の衝突事故の責任問題について、ある弁護士の公演を聞いたことがあります。その方曰く。「怪我や事故が怖いなら、支柱に保護マットを縛り付けるのでなく、自分の身体に縛って滑ればいい」と言っていました。冬山はそういう世界です。


子供にこんな練習させる親もどうかと思いますが、私の娘です。アホ親ですね。


院長の足元です。アイゼンを付けて一人で雪山に潜り込んでいます。あーそろそろ山に帰りたい!

世間知らず

院長 2017年10月15日 

このところ、昼休みに定住すべく土地探しを行なっています。と言っても短い休み時間なので、不動産屋さん頼みで、車に乗っけてもらうだけなので楽チンです。
かなり、妥協点は多いのですが、ここでいいかな?というところが見つかり、地盤調査の申し込みをしました。なんとなくの予感といいますか、念のため土地建物にやたら詳しい友人にその土地のビデオを送ったところ、そこはとんでもない場所。直ぐに仮契約を解除した方が良いとの返事。とても信頼している友人なので、素直に解除。調べてみると、やっぱり非常に好ましくない土地。
その友人曰く、「貴方は御坊ちゃまだから騙される」「俺なんかは仕事柄疑うとこから始まる」です。「元外資系行員」
御坊ちゃまかどうかは別として、前の開業場所も業者を全面的に信じて、初めてみたのですが経営的には、大失敗。そして、移転を決意できたのは、相談相手になってもらっていた、仲良くなった人生経験豊富な患者さまの一言。「先生、考えるなら今だよ」です。
人生、一度は人を疑うことから始めてもいいかもしれませんが、一番大切なのは信頼できる友人ですね!

神経が4本

院長 2017年10月13日 


おおよそ奥歯の神経の数は3本が多いです。しかし、この患者様の奥歯は4本。難易度と治療時間が跳ね上がります。CT撮って、ラバーかけてと大変です。症状も落ち着き無事根管治療が終了しました。根の先までしっかり消毒できたし、詰め物もしっかり先っぽまで入っているし、手応え十分な治療でした。

作っている入れ歯に満足できないのだ!

院長 2017年10月10日 


最近、朝の診療が始まるまでの時間、入れ歯の勉強をしています。院長の作る入れ歯はその辺の歯医者に決して負けない自負があります。しかし、私自身まだ満足していないのが現状であります。もっといい入れ歯が作れるはず、といつも考えています。
院長は大きくなってから、殆ど入れ歯の本を読みませんでした。何故なら、どの著者も「私より下だろう」なんて思っていたからです。勿論勘違いです。最近の入れ歯は昔と理論が変わって来ています。院長はもっと勉強すべきです。と今頃気づいた訳です。ところで、私の勉強方法はいつもまとめのノートを作ることに終始します。最近はパソコンのキーボードを打つばかりでペンを持つのは久しぶりです。さあどんな入れ歯が作れるようになるでしょうか?楽しみです。

TOPへ