Loading

Blog

エアータービンの使い回し

こんな記事がアップされています。
当たり前の事ですが、当院では僅か6分で滅菌出来るドイツ製の最新の滅菌器で患者様ごとに滅菌しています。
エアータービンの滅菌問題は数年ごとにメディアに登場してきます。ちょっと曲がった方向からみてみると、この滅菌問題、きっと歯科器材屋さんが仕掛けているのではないかと思います。確か2年ほど前にもこの滅菌問題がクローズアップされたことがあります。その後、間髪入れずに歯科器材屋からエアータービンの売り込みが入ります。
変な世の中です。
ところで、このエアータービン。滅菌対応になったのはここ25年程前からの事です。それまでは、大学病院でもアルコール消毒だけでした。それでも院内感染なんて全くおこっていません。もちろんいまは、患者様ごとに滅菌するのはあたりまえのことですが。
その医院がしっかりと滅菌しているかどうかは、患者様が診療チェアーに座る前、タービンがセットされたままかどうか横目で見ればある程度は見当がつきます。さされていなければ、多分滅菌されているでしょう。でも、その日の治療が確定している場合、患者様がチェアーに座る前にセットする事もあるので、一概には言えません。さらに、患者様の前で袋にパックされたタービンを開ける医院もあるようですが、これは患者様に安心してもらう為のパーフォーマンスに過ぎません。何故なら滅菌後、事前に袋から出して注油、その後油抜きをしておかないと、タービンはすぐに使うことができないからです。

CTテスト撮影

今日はお勉強

PAGE TOP