被せ物やブリッジにする時、直ぐに歯の神経を抜く歯医者がいます。神経を抜くことは確実にその歯の寿命を短くします。

どうしても神経を抜かなければいけないのは、ズキズキするといった急性症状のある時、あるいは痛みが無くても明らかに深い虫歯がある時です。

何故大した虫歯もないのに直ぐ歯の神経を抜く先生がいるのか?それは、被せた後で痛みを訴えられると、装着した被せ物やブリッジをまた外さなくてはいけないし、そうなると患者様からの信頼も無くなる可能性があるからです。

ただ、痛く無いのに神経を抜かなければいけない時も少しはあります。歯の方向を直したり、歯並びを揃えたりするときなどです。

もし、歯医者が貴方の痛くも無い歯の神経を抜くと言った場合、必ずしっかりと説明を受けてください。そして、抜かずにできないか、相談してみてください。何度も言いますが、神経を抜く治療は確実にその歯の寿命を縮めます。

「但しズキズキ痛いといった、急性症状のある時は素直に神経の治療を受けてください。」