本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ(アーカイブ別)

商売は難しいなぁ〜

院長 2017年02月27日 

2月も終わろうかとしています。患者数の落ち込む2月ですが、何と少しだけ最大患者数を更新しました。有難いことです。

ところが売り上げは伸びませんでした。まさに貧乏暇なしの2月でした。

前にもお話ししましたが、私達保険医は治療内容ごとに報酬が決められています。ある歯の治療が難しかったから、あるいは時間がかかったからと言って多くの報酬を得ることができません。

時々患者様から会計で「こんな安くでいいの?」と言われるのはそのためです。入れ歯の調整など30分かかって90円と言うときも結構あります。

逆も少なからずあるかもしれません。その時はごめんなさいと言うことでお願いします。

何はともあれ来月からもよろしくお願いします。

意外に健康

院長 2017年02月18日 


毎朝診療が始まる前、自分の血圧を測定しています。
デブの割には健康です。運動もしていないし意外です。
一つ思い当たるのは、朝は全粒粉パン、昼夜は玄米ご飯を3年ほど続けていることです。

いくらなんでも低すぎる保険点数

院長 2017年02月13日 

院長は金勘定や事務手続きが苦手です。
とは言っても、入れ歯一個を保険で入れたら、幾ら位も儲けになるのか気になり計算してみました。
結果はなんと利益が3000円でした。ここからスタッフ給与や家賃を差し引くと恐ろしいことになります。
いくらなんでも、これじゃ倒産します。
ということで、ホームページの入れ歯の説明部分を保険から、やや自費よりに勧める説明にシフトしました。
金儲けに走ったわけではありません。
だって経営が成り立たないんですもの。助けて!

歯の神経を簡単に抜かれ無いように

院長 2017年02月6日 

被せ物やブリッジにする時、直ぐに歯の神経を抜く歯医者がいます。神経を抜くことは確実にその歯の寿命を短くします。

どうしても神経を抜かなければいけないのは、ズキズキするといった急性症状のある時、あるいは痛みが無くても明らかに深い虫歯がある時です。

何故大した虫歯もないのに直ぐ歯の神経を抜く先生がいるのか?それは、被せた後で痛みを訴えられると、装着した被せ物やブリッジをまた外さなくてはいけないし、そうなると患者様からの信頼も無くなる可能性があるからです。

ただ、痛く無いのに神経を抜かなければいけない時も少しはあります。歯の方向を直したり、歯並びを揃えたりするときなどです。

もし、歯医者が貴方の痛くも無い歯の神経を抜くと言った場合、必ずしっかりと説明を受けてください。そして、抜かずにできないか、相談してみてください。何度も言いますが、神経を抜く治療は確実にその歯の寿命を縮めます。

「但しズキズキ痛いといった、急性症状のある時は素直に神経の治療を受けてください。」

ニッパチ

院長 2017年02月1日 

寒〜い2月に突入しました。俗語で景気の落ち込む時期にニッパチという言葉があります。2月と8月と事です。地域によって違いますが、歯医者もニッパチの時期は患者様が少なくなります。そりゃそうですよね。よほど痛くない限り、寒い時期や暑い時期は、歯医者なんて行きたく無いですよね。うちの医院では今の所、これまでと同じようにご予約を頂いていますが、この先どうなるでしょうか?

TOPへ