本山駅から徒歩1分の歯科医院|本山デンタルオフィス

ブログ(アーカイブ別)

クリぼっち

院長 2016年12月25日 


スタッフからの差し入れです。

これは美味いぞ〜

意外と努力家なのだ

院長 2016年12月22日 


診療が終わった夜中の診療室。夜な夜な新しい根管治療「神経の治療」の道具を使って練習しています。抜去歯を使いあれこれ悩みながら特訓しています。

この歳になると守りの診療になるのが普通ですが、まだまだ攻めています。保険診療の限られた時間でなんとか満足のいく根管治療を行う事を目指しています。

海外の根管治療

院長 2016年12月17日 

前にもお話をしましたが、当院には沢山の外国人の患者様にも来院していただいています。

初診の患者様には原則パノラマレントゲン写真を撮影しています。いつも驚かされるのは、レントゲン写真に写る欧米人が受けた根管治療「神経の治療」のレベルが物凄く高いことです。

丁寧がコンセプトの当院ですが、それでも足元にも及ばないレベルの高さです。医療先進国日本なのに情けない話です。

よく言われることですが、原因は根管治療に対する国民皆保険の点数の低さです。

じっくり時間をかけ、完璧な根管治療が出来る国は本当に羨ましいです。

ファイルの破折

院長 2016年12月16日 


神経の治療の時、グリグリやる針のようなドリル。

芸能人の顔が腫れて、レントゲンを撮ると、この針が歯の中で折れていたのが原因だったそうです。

この針、折った事のない歯科医師は多分いないでしょう。実は私もこれまで3回ほど折ったことがあります。根っこの先っぽで折れればまず取ることは出来ません。この器具、一回ずつ使い捨てにすれば、かなり破折を防止できるのですが、かなりお高く日本の保険診療ではとてもじゃないけど、そんなことは出来ません。

そこで、当院ではチョットした工夫をしています。写真に写っている半透明のギザギザしている小さな部品を取り付け、一回使い滅菌するごとに三角の部分をちぎっていきます。8回使ったら廃棄するようにしています。多分8回使用でも赤字だと思いますが、、、

因みに欧米ではこのファイルは使い捨てです。羨ましいです。日本の根管治療「神経の治療」は診療報酬が少な過ぎです。日本の皆保険制度は優れていると言われていますが、私たち歯科医からすれば???です。決して贅沢は言いませんが、せめて労力に見合う報酬にしないと、日本人の歯は中々残せません。

ホワイトニングキャンペーン

院長 2016年12月8日 

こんなホワイトニングの看板作ってみました。オフィス、ホーム共に税込19,800円です。来年4月末までの期間限定で更に学生さん1割引です。キャンペーンとはいえ、こんな安くでやっている歯科医院はないと思います。

※ホワイトニングにはいくつかの約束事があります。予約時に、ご相談ください。

TOPへ